勃起障害に悩まされる男性

勃起障害(ED)とはどんな病気かご存知ですか?読んで字のごとく、勃起になんらかの障害があるということになりますが、実は完全にペニスが立たなくなること(インポテンツ)を勃起障害(ED)というのではありません。

勃起障害と症状と偽物について

勃起障害とは、その名前の通り、性交渉などを行う際に、うまく性交渉が行えない、男性の生殖機能がうまく働かない状態になってしまうことをいいます。

原因としては、心理的なストレスであったり、彼女さんや奥さんとうまくいっていなかったり、過去のトラウマなどから、心が辛く、勃起障害となってしまうケースが多いようです。

またあまりにも過酷なダイエットや、過酷な運動、あまりにも過酷な重労働な仕事や、酷くストレスのかかる仕事などに就職してしまった場合、心が壊れてしまい、このような勃起障害になってしまうと言われています。

心と身体が繋がっているため、このように、性交渉の時に、勃起障害が起こってしまうのです。

または、彼女さんや奥さんが、性交渉に非協力的であったり、酷い言葉を投げつけたりなどをすると、同じように心に傷が出来てしまい、このような辛い症状が出てしまいます。

ただ、一方で、本人は勃起障害だと思っていても、症状が異なっており、実際には勃起障害ではなかった、偽物であった、違う症状であった、このようなケースもあります。

勃起障害である場合には、基本的には女性との性交渉などは行えず、女性もかなり辛い状態です。

ただ、これが偽物の障害の場合には、きちんと性交渉を行え、妊娠なども望めます。

勃起障害と勘違いしていたけれど、実際には偽物の別の症状であった、このような勘違いもよくあることで、夫婦やカップルの間で話し合いなどを行った結果、実は障害ではなかった、このようなケースも多々あることなのです。

性交渉を行う際には、特に、思春期の男女の場合などは、心理的にも身体的にも、とても緊張した状態や、恐怖心などがあることから、問題などを勘違いしてしまうケースもあるものです。