勃起障害に悩まされる男性

勃起障害(ED)とはどんな病気かご存知ですか?読んで字のごとく、勃起になんらかの障害があるということになりますが、実は完全にペニスが立たなくなること(インポテンツ)を勃起障害(ED)というのではありません。

勃起障害と挑戦とチェックについて

勃起障害はとても辛い症状です。

男性にとって、とても深刻な悩みであるため、ほとんどの勃起障害の男性がこのことを、誰か他の人に打ち明けることなく、とても辛いストレスを抱えています。

勃起障害を治すためには、何か挑戦してみることが必要なことがあります。

例えば、心理カウンセラーに相談してみる、臨床心理士に相談してみる、などの、心の優しい人に、勃起障害の悩みについて相談をおこなったところ、結果として勃起障害が治った、そのような人もおられます。

勃起障害になってしまと、かなりの自己嫌悪と恐怖感、恐ろしい発狂しそうな苦しみがありますが、優しい人に相談をしたところ、また優しい家族や、パートナーである彼女さんや、奥さん、優しい家族や恋人に思い切って打ち明けたところ、状況が打開できることもあるのです。

このような挑戦を行い、また、本当に自分はこのような障害なのか?をチェックしてみることも必要となります。

特に思春期などや20代などの若い方の場合、性交渉がうまくいかない、性交渉で相手が満足できなかった、嫌な言葉や傷つく言葉を言われてしまった結果、自分は勃起障害だと思い込むことがあります。

しかしチェックしてみると、実際には、勃起障害ではなく、ただの思い過ごしであり、傷つく言葉を言わない、別の彼女さんとパートナーになって、性交渉に挑戦してみたところ、性交渉がうまくいき、自分が障害ではない、障害ではなかった、というチェックを行うことが出来たケースもあります。

時に、女性は、イライラなどから、男性に酷い言葉を投げつける女性がいます。

それは、その人の性格が歪んでしまっており、そのため、男性を傷つけていることにすら気づいていない状態なのですが、これが原因で、悩みや障害だと思い込んでしまう方もおられるのです。